ヘルスケア 心と体の美と健康

【食いしばり】マウスピース洗浄剤はコレがおすすめ!洗い方も説明!

【食いしばり】マウスピース洗浄剤はコレがおすすめ!洗い方も説明!

マウスピースは毎日8時間以上口の中に入れるものなので、しっかり洗浄しないと雑菌の温床となってしまいます。

起床時の口の中は、う〇ちと同じくらいの雑菌がいると言われています。怖っ。

食いしばりや肩こりの改善など、健康のためにマウスピースを使っているのに、雑菌のおかげで健康を台無しにされちゃあ元も子もないですよね。

この記事では、筆者が実際に使っているおすすめの洗浄剤マウスピースの 洗い方についてお伝えします。

※食いしばりの「原因と悪影響」はこちら。

※食いしばりの「改善方法」はこちら。

※「マウスピースの作り方」はこちら。

おすすめマウスピース洗浄剤|錠剤タイプ

私が愛用している洗浄剤はこちらです。

デントウォッシュから出ている「デンタルマウスピース洗浄剤」です。

  • 銀イオンと酵素入りで汚れも匂いもすっきり
  • 5分つけるだけで洗浄完了
  • 一晩漬け置きしてもOK
  • ライムミントの香り

 

錠剤タイプのメリットとデメリットはこちら。

◎…匂いも汚れも全てスッキリ!!
◎…こすらないので傷がつかない
△…ちょっと手間がかかる

泡タイプと比べると少し手間はかかりますが、こちらの錠剤に変えてからスッキリ感が全然違うので、今はこちらを愛用しています。

また、マウスピースに傷がつかないことも結構重要だったりします。

歯ブラシなどでこすって傷がついてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなるからです。

余談ですが、錠剤の数を数えれば何日間マウスピースを使ったかもわかるので、モチベーションアップにもつながります(笑)

他の錠剤と比べてもコスパが良いので、リピ買いしています。

おすすめマウスピース洗浄剤|泡タイプ

手軽に洗浄をしたい人には、泡タイプもあります。

  • ポンプを押すと泡が出てくる
  • 90秒で洗浄完了
  • ミント成分配合

歯医者でマウスピースを作ってもらった時に泡タイプを同時に買いました。

後日追加でもう1本買って使っていましたが、どうしても匂いが気になり、今は錠剤タイプに切り替えています。

泡タイプのメリットとデメリットはこちら。

◎…とにかく簡単
△…スッキリ感は錠剤に劣る

デメリットもあるにせよ、朝の準備はなるべくシンプルにしたいものです。

錠剤タイプと泡タイプを両方持っておいて、その日の時間に合わせて使うのも良いですね。

【食いしばり】マウスピースの洗い方

ここからは、愛用の錠剤を使ってマウスピースを洗う方法を紹介します。

お湯に錠剤を入れる

錠剤はこんな感じ。

個包装になっているので使いやすいです。

100円玉よりちょっと大きいくらいの大きさ。

40~50度程度のお湯(150ml)に錠剤を入れます。

ぶくぶく~

お湯の温度が高すぎるとマウスピースが変形してしまうので注意です!

 マウスピースを入れる

マウスピースをぽんっと入れます。

ぷかぷかしてかわいい。

5分程漬けておきます。
汚れや匂いが気になるなら、漬け置きもOK!

私はいつも5分の洗浄で十分効果を感じているので、漬け置きはしていません。

 水で洗い流す

しっかり水で洗い流します。

泡が残っていると、マウスピースにも体にもあんまりよくないです。

キラッキラ★

しっかり洗ったら、風通しの良いところで保管しましょう!

【食いしばり】マウスピース洗浄剤はコレがおすすめ!洗い方も説明!おわりに

マウスピースを使うにあたって、しっかり綺麗に洗うことはとても重要です。

是非、あなたのライフスタイルに合わせてアイテムを選んでみてくださいね。

マウスピースで、あなたの不調が少しでもよくなりますように!

-ヘルスケア, 心と体の美と健康

© 2021 コスメ実験、ご報告ブログ Powered by AFFINGER5